スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<火山噴火>噴煙拡大、鮮明に 日本の衛星が観測(毎日新聞)

 日本の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」が、アイスランド火山の噴火後3日間に及ぶ噴煙の様子をとらえた。噴煙は太陽光を遮るほか、地上に落下すると北極圏の雪や氷が黒くなって融解を加速する可能性がある。観測結果は、今後の気候変動を予測する上で役立つという。

 いぶきは紫外、可視、赤外の3種類の光をとらえるセンサーを搭載している。今回、国立環境研究所などが得られた観測データを画像処理した。

 それによると、大規模噴火翌日の15日には噴煙が、英北部からスカンディナビア半島に流れているのを鮮明にとらえた。16日には進路を変え、欧州北部のドイツやポーランド、リトアニアなどの上空に広がっている。また17日は引き続き火山が噴煙を上げているほか、ロシア西部にまで到達している。昨年1月に打ち上げられたいぶきは、二酸化炭素とメタンの濃度を世界で初めて同時観測しているほか、噴煙のようなエアロゾル(ちり)や雲を識別することができる。【田中泰義】

【関連ニュース】
【写真特集】アイスランド火山噴火
火山噴火:スペインで全空港再開
アイスランド:火山噴火 航空規制長期化 業界減収185億円に 運航再開の動きも
アイスランド:火山噴火 火山灰、影響多方面に バラ市場、医療にも
ニュースがわかる「火山の国に暮らす」

禁輸が話題、赤ちゃんザル命名「クロマグロ」(読売新聞)
インサイトもタクシーに…埼玉知事が特区提案(読売新聞)
ベストバイの Twitter 活用術(前編)~従業員2,100人が、たった1つのアカウントで生活者と対話する
<小沢幹事長>党内結束を訴える(毎日新聞)
「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視-時事世論調査(時事通信)

渋谷に新名所、24年春開業 高さ182メートル「ヒカリエ」(産経新聞)

 東急電鉄などで組織する「渋谷新文化街区プロジェクト推進協議会」は、渋谷駅東口の東急文化会館跡地などに建設している高さ約182メートルの超高層複合ビルの名称を「渋谷ヒカリエ」と決めた。中核施設となるミュージカル劇場は「東急シアターオーブ」と命名した。

 渋谷ヒカリエは最先端のライフスタイルを提案してきた東急文化会館の伝統を引き継ぎ、渋谷から未来を照らし、世の中を変える「光」になる意志を込めた。東急シアターオーブのオーブは天体を意味し、中空に浮かぶ劇場を表現したという。

 ビルは地上34階、地下4階。ビルの顔となる商業施設は地下3階から地上7階に東急百貨店が出店し、11~16階の地上70メートルの中層部には約2千席を持つ東急シアターオーブ、17階より上の高層部はオフィスとなる。地下3階で東急東横線・東京メトロ副都心線渋谷駅とは直結する。平成24年春に開業する予定。

【関連記事】
渋谷に「大人の音楽劇場」
モスの新業態レストラン 渋谷にオープン 旬の野菜にこだわる
渋谷の永遠のシンボルに 忠犬ハチ公慰霊祭
「弁護士バー」オープン 店名は「リーガルバー六法」
渋谷の新しい顔は「ヒカリエ」

河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)
京町家など重文指定へ=建造物8件を答申-文化審(時事通信)
自民、参院選比例代表に中野前衆院議員を公認(産経新聞)
大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴(産経新聞)

月山スキー場、これからが本番…積雪8m超(読売新聞)

 春の日差しに包まれて雪上を滑走――。山形県西川町の月山(1984メートル)中腹にある「月山スキー場」が10日オープンした。

 国内有数の豪雪地帯で冬期間はリフトや道路が雪に埋もれてしまうため、毎年4月に営業を始め、7月末頃まで春夏スキーが楽しめる。

 暖冬で積雪は例年より約2メートル少ないが、それでも8メートル以上。天候にも恵まれ、気温13度(午後1時)と暖かく、リフトや徒歩で斜面を上がり、約1000人がゲレンデを駆け抜けた。

 車で12時間かけて訪れた岐阜県恵那市、会社員木村慎吾さん(32)は「汗をふきながらスノーボードをするなんて初めて。朝日連峰の眺めも雄大で、すごく気持ちがいい」と笑った。昨年は約15万人が訪れた。

          ◇

 山形地方気象台によると山形県内は10日、山形市で22・2度(平年14・4度)を観測するなど18地点で今年の最高気温となり、5月上旬~下旬並みの暖かさとなった。

阪神、ハイチと同じ横ずれ型=大陸プレート同士が衝突-東大助教(時事通信)
「産科危機的出血」でSI応用した対応GL発表―麻酔科学会など(医療介護CBニュース)
堺事件容疑者「泣かれイライラした」(産経新聞)
「谷垣総裁辞めて」自民埼玉県連で厳しい声続々(読売新聞)
資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年(産経新聞)

「子どもの泣き声聞こえた」=女の怒鳴り声も-大阪1歳女児虐待死(時事通信)

 大阪府寝屋川市で1歳の女児が両親に虐待され死亡したとされる事件で、傷害致死容疑で逮捕された父親の岸本憲(26)、母親の美杏(27)両容疑者が当時住んでいたマンションの部屋から、子どもの泣き叫ぶ声や、女の怒鳴り声がしていたことが10日、近隣住民などの証言で分かった。
 府警捜査本部は、死亡した三女瑠奈ちゃんに対する虐待の実態などについて詳しく調べている。 

【関連ニュース】
死亡女児に健診受けさせず=虐待発覚恐れ?姉妹3人は受診
虐待の疑いで両親逮捕=1歳女児死亡、容疑否認
パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕
東京消防庁職員を逮捕=酒に酔って駅員暴行容疑
警官切り付けられ軽傷=包丁男逮捕、知人もけが

東海道新幹線と接触、男性負傷=一時運転見合わせ-JR京都駅(時事通信)
与党、会期延長を視野=重要法案成立に全力(時事通信)
【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)
<公務員法案>審議入り 次官級ポストなど巡り「改革競争」(毎日新聞)
【コラム】レイチェルの敗戦が招いた大打撃

氏名も生年月日も同じ、別人の口座差し押さえ(読売新聞)

 滋賀県長浜市は31日、市県民税を滞納した20歳代の男性の銀行預金を差し押さえる際、誤って同姓同名で生年月日も同じ別人の口座から5万円を差し押さえるミスがあったと発表した。

 市によると、市滞納整理課職員が2009年11月、07年度の市県民税と延滞金計22万5200円を納めなかった滞納男性の預金調査を実施したところ、県内の金融機関に該当氏名の口座が二つあることが判明。生年月日も同じだったため、3月25日に残高が多かった口座から滞納金の一部として5万円を差し押さえた。

 間違えられた男性が市に問い合わせし、発覚。市は、男性に謝罪するとともに還付手続きを進めている。

 滞納者の住所と金融機関への届け出住所が異なる場合、住民票で住所地の履歴を照会するが、調査段階で同一人物と思いこみ、十分に確認しなかったという。

<迷い犬>殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)
<北九州社長殺害>元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
力士暴行死の元親方、2審は懲役5年に(読売新聞)
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査(医療介護CBニュース)
山崎さん搭乗シャトル公開=5日夜打ち上げ-ケネディ宇宙センター(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。